FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
相変わらず
私のかぎ針熱は冷めず、
未だに
何かしらせっせと編んでいる。

しばらく
シュシュ作りに夢中になっていたが、
かぎ針友達のうちに遊びに行ったら、
なんと
彼女はかわいい
クマのぬいぐるみを作っているではないか!!

これは、
作らずにはいられない。

さっそく
作り方の本をコピーしてもらった。

わざわざ、
茶色や白の毛糸、
目や、手足をつける用のボタンも購入。

さっそく編み始め、
あっという間に1個完成。

するとミーナが
私は緑のくまさんがいい!
と言い出したので、
さっそく二頭目を編む。

するとりさが
私はピンクがいい!
と言い出した。

クマばかり編んでいるのも
芸がないので、
ネットで作り方をしらべ、
ピンクのウサギさんにしてみた。

出来上がった三つを並べてみる。

P1050743.jpg

うさぎさんの仕上がりには大満足だ。

P1050737.jpg

でも、

これ、、、、

なんかおかしくねぇか?

P1050739.jpg

くまというよりは、
色合いもあって、
宇宙からやって来た
謎の未確認生物のようだ。

茶色のほうは、
顔はかわいいけど、
熊というよりは、
雪が止んで
泥まみれになった雪だるまだ。

P1050738.jpg

なんかおかしい、、、

そう思いながら数日がたち、
たまたま
かぎ針の友と電話で話をした。

「そういえばさ、
 作り方のコピーくれたクマさん、作ってみたんだけど、
 どうも、形が変なんだよね」

「あっ!!!!
 いけないっ!!!!
 私、言ってなかったよね???」

「何を?」

「あれ、ミスプリントがあって、
 頭と胴体が逆なのよ~
 すっかり言うの忘れてた
 ごめ~~ん」

えええええ~~~~~っ!!!

じゃ、
胴体のほうに、
顔をつけちゃっていたってこと?

細かい作業なだけに
かなりショック。

でも、

こんなことでめげてはいけない。

とにかく
地球征服をたくらむ
謎の生物から
修復作業だ。

目、耳、鼻、手足、シッポ

全ての部品をばらばらにして、
もう一度
組み立てなおす。

おっ、クマらしくなってきた。

罪滅ぼし的に
頭にリボンもつけて、かわいくする。

P1050746.jpg

すごい!

頭と胴が入れ替わっただけで、
全然違う。

ついでに
うさぎさんの姉妹も加わって、
もう一度記念撮影。

P1050747.jpg

こどもたちも
喜んでくれている。

P1050749.jpg

でも、、、
どちらかといったら、
直す前のほうが、ミーナは気に入っていたようだ

ちなみに、
茶色いクマさん風雪だるまのほうは
直す気力なし。

ほかにも、

巾着袋や

P1050736.jpg

小物入れ

P1050752.jpg

スタークロシェにも挑戦

P1050750.jpg
下の2段は失敗なので、
これはアクリルたわしとして使う予定。

今度は、夏に向けて
かぎ針でキャミソールも作ってみたいなと
考えている。

いったいいつまで続くのやら。。。


↓おかげで肩こりが酷いのよね。
 ここギューッと押してくれる?
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
2011.07.31 Sun l 趣味 l コメント (8) トラックバック (0) l top
できた、できた。

私のマフラー

P1050713.jpgピンボケ!?

製作日数2日。

やり始めると、止まらないのが
私の悪いくせで、
この2日間はかなりの寝不足だった。

子供達にはアクリルの毛糸だったが
自分には
ウール100%の毛糸
とっても温かい。

と喜んでいたら、
今週辺りから、このゴールドコースト
突然春になってしまった。

風は冷たいので、ジャケットを着ることはあるが、
ウールのマフラーというほどではない。

ちっ、
せっかく作ったのに。。。

でも、実は私。

真夏でない限り
家の中では
いつもマフラーを巻いている。おばあちゃんと呼んどくれ

そのおかげか、
今年は特に、
寒い冬でも、
季節の変わり目の微妙な時期でも
ほとんど風邪を引いていない。

そんなわけで、
ぽかぽか陽気の昨日も今日も、
この手作りマフラーを首に巻いて
元気よく過ごしていた。

Tシャツ一枚の旦那に
白い目で見られながら。。。

手作りマフラー、大活躍!

ところで、

マフラーが出来上がっても
かぎ針を持つ手は止まらず、

こんなものも作ってみた。

シュシュ
P1050733.jpg

でも、
これじゃ、子供の頭には
ちょっとでかすぎたので、

小さいのも作ってみる。

P1050731.jpg

おお~
かわいい、かわいい!

P1050719.jpg

P1050720.jpg


マフラー作りは
寝不足に陥るので、
サクッと作れる髪飾りくらいがちょうどいい。

そんなわけで、
ただ今
髪飾り製作継続中。


↓誰か止めて~!!!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
2011.07.21 Thu l 趣味 l コメント (15) トラックバック (0) l top
先日、友達が遊びに来た時に
ひょんなことから
二人で一緒に
かぎ針編みをし始めた。

彼女が持っていた
かぎ針編みの本から
花のモチーフを選んで、
一緒に編み始める。

「この記号ってどういう意味?」

「この編み方ってこれでいいんだよね?」

など、
私は今まで我流でやっていたので、
こうして
人と一緒にやってみると、
自分のやり方が正しいか
再確認できて、嬉しい。

そして、
なにより、
おしゃべりしながら
編み物をするのって、とても楽しい。

ゴールドコーストで
手芸クラブを発足させたいね!
なんて話にまで発展した。

二人で夢中になって
編み上げた
花のモチーフと髪飾り

P1050692.jpg

右下のゴムがついているのは、
翌日
わざわざ新しい毛糸と真ん中につけるビーズを買いに行って
作ったもの。

緑の毛糸はミーナ、ピンクはリサのチョイス。

つけてみると
こんな感じ

P1050686.jpg


P1050687.jpg

なかなか可愛い。

我ながらよく出来た。

こうなると
もう止まらない。

子供達に
ポシェットを作ったり

P1050705.jpg

子供達のマフラーまで

P1050702.jpg

で、、、

ふと気がついたら、
自分のものを何も作ってなかった。

明日
もうちょっと質のいい毛糸を買ってきて
自分にもマフラーを編もう。

私のカギ針編みブーム、
しばらく続きそうだ。。。

ちなみに
子供達のマフラー。

出来上がったマフラーを大喜びで手にした後は、
二人で、
縄跳びとして使用している。

使い方が違うんじゃーーーっ


↓地味なマイブームにポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ




2011.07.14 Thu l 趣味 l コメント (10) トラックバック (0) l top
先週の土曜日。

3ヶ月に一度の
テコンドーの昇級テストがあった。

午前中は子供のクラスの昇級テストで
ミーナも、日本語補習校を休み
この日に昇級テストを受けた。

最近ミーナは
テコンドーへの情熱を失い気味なので
テストの課題も
かったるそうにこなしていたが、
まぁ、
それなりに上手に出来ていた。

午後1時から大人のクラスのテスト。

今回私は7級から6級に上がる予定。

課題は
各種キック、
型、
スパーリング。

型もかなり練習していたので
あまり緊張もなく
スパーリングも
100%の力を出せて
満足のいくテストだった。

よし!

これで、6級確実。緑帯だ!!

そして、月曜日。

裁判所に行って疲れた体に鞭打って
テコンドーのクラスに出かけていった。

今まで、昇級テストの後
月曜日のクラスで新しい帯を受け取っていたので、
クラスに行く途中
私の頭は
新しい帯をつけたカッコイイ自分の姿で一杯。

クラスが始まり
さっそく初級テストの発表と共に
新しい帯を受け取る事になった。

色んな人の名前が呼ばれていく。

だいたいいつも私は
最初のほうで名前を呼ばれるのだが
今日はなかなか呼ばれない。

だんだんと級も上がってきたから
後のほうになってきたのかな?

なんて呑気な事考えているうちに

あれ?

結果発表が終わってしまった。

ちょっと、、、

私は?????

そして、スコット君、

「今日、発表をもらえなかった人たちは
昇級できなかったわけじゃない。
他のインストラクターが、結果を持っているので
普段いつも行くクラスのインストラクターから
受け取るように!」

このテコンドー教室は
色々な町の公会堂や学校の体育館を利用して
毎日違う場所で、違うインストラクターが教えている。
そして、
どこのクラスのどのインストラクターに教わるのも自由。

なので、
この日たまたま来ていた生徒たちでも
普段は違う曜日の違う場所にレギュラーとして
通っている場合もある。

でも、私の場合、
レギュラー的に通っているのは
この月曜日のクラス。
そして、
私のレギュラーのインストラクターは
このスコット君。

おいっ!

スコット!!!

ひょっとして、
私のこと
忘れてたんじゃないのか???

スコット君に忘れられた女。。。

もう、ショックで
このまま、外に出て
雨の中泣き叫んで走り回りたい気分になった。

「スコットのばかやろーーーっ!!!」

帰りの車の中で
何度そう叫んだ事か。。。

鬱々とした気分の中、
翌日の火曜日、
旦那がテコンドーから帰ってくると
ピッカピカの新しい帯を巻いて
手を腰に当てながら自慢をしている。

なんとしても
早く新しい帯をもらいたい。
新しい帯を巻いて
スコット君に忘れられた悔しい思いを
蹴り飛ばしたい。

なので、今日の水曜日、
普段は私は行かず
旦那だけテコンドーに行く日なのだが、
私も強引についていった。

今日のクラスは
ゴールドコーストで一番えらい、チーフインストラクターが
教える日。
なので、
たいてい他のクラスで結果をもらえなかった人たちは
チーフインストラクターからテストの結果をもらえる。
そのはず。

クラスが始まるやいなや
さっそく
テストの結果発表。

そして、

私の名前が一番先に呼ばれる。

やった!!!

とうとう新しい帯がもらえる!!!!

そして、
受け取った真新しい緑色の帯を巻きつける。

う~ん

強くなった気分♪

スコット君に忘れられたショックも
吹き飛んでいく。

良い気分で家に帰り、
さっそくポーズを決め記念撮影。

しかし、、、

子供達が
そうはさせてくれなかった。。。

P1050320.jpg

ちらりと見える緑帯。

おかげさまで
いきなり思い立って始めたテコンドー。
若者に混じって、がんばって、
ようやく6級まできた。

先はまだ長いが
なんとしても
黒帯ゲットするぞーーーっ

ちなみに、
写真では顔の見えないリサ。

すっかりおかっぱ頭が定着した。

P1050312.jpg
P1050316.jpg
といって、
ボサボサだが。。。


↓ようやく新しい帯をもらえた私に
にほんブログ村 海外生活ブログへ


興味のある方。

こちらが、
今回私の昇級テストの課題だった7級の型です。




2010.12.08 Wed l 趣味 l コメント (12) トラックバック (0) l top
あぁ、神様

こともあろうか、
愛しのスコット君に対して
わずかながらの疑念を抱いた事を
ここに告白し、懺悔します。

(初めてこのブログを読む方へ:
スコット君とは私が通っているテコンドー教室の
イケメンインストラクターです。)



それは、昨日の事

今週の土曜日が昇級テストのため、
昨日のテコンドーのレッスンは
各級ごとのテストの課題(型と技)の練習に
終始していた。

9級の10代の男の子が
スコット君の前で型をやっていたとき、
彼は
なぜかパンチをするたびにうつむいて、目を伏せる癖があった。

スコット君は

「目をつぶって投げるパンチは
この世のどこにもない!
ちゃんと目をしっかり開けてパンチをしなさい!」

と注意をしたものの、

その男の子は

注意される前とまったく同じように
目を伏せながらパンチをしていた。

もう一度
「目を開けなさい」
と注意をするスコット君。

しかし
その男の子もどういうわけか、
目を伏せるのを止めない。

私も見ながら内心
「なんで目を開けるくらいの事ができないんだ?」

愛しのスコット君の言う事を聞かないその男の子の尻でも
ひっぱたいてやりたい心境だった。

しかし、
そこで、スコット君の言った事は、、、

「今まで何度目を開けなさいと言ったんだ?
目を伏せながらパンチをするなんてありえない!

昇級テストは今週の土曜日に迫ってるんだぞ。
インストラクタージェネラル (このテコンドー教室で一番偉い人でテストの判定をする人)
がそんなパンチを見たらなんて言うと思う?

’あの生徒は何で目を閉じながらパンチをするんだ、
君はちゃんとあの生徒に教えてないのか?’
と私に言って来るんだぞ!
そう、君じゃない。
私がインストラクタージェネラルにきちんと指導していない事を
注意されるんだ!」

・・・・

それはちょっと違うだろ。

目を閉じたら、相手に攻撃されるからとか、
目を閉じたら、相手に命中しないからとか、
そういうんだったら、分かる。

上司に怒られたくない気持ちは分かるが、
そんな本音をさらけ出して
生徒を指導するってどうよ?

っていうか、、、

そんなに自分がかわいいか???

まぁ、
そりゃあ
あれほどの容姿を備えていれば
自分を愛してやまなくなるのかもしれないが、、、

でも、、、
その言い方は間違っている!!!

そんな気持ちが心をよぎった。

あぁ、神様

お許しください。

天下のイケメンスコット君に
心の中で楯突いた私。

こうなったら、
スコット君との、
寝技でもあらゆる絡みでも、
どんな罰でもお受けします♪ ←罰になってねーよ!

普段は
教え方もすごく上手だし
私がキックした拍子に足滑らせてすっころんだ時も
私が恥をかかないように、上手にフォローしてくれたり、
いつも落ち着いていて
とても24歳の若さとは思えない成熟度を見せるスコット君。

実はこういった「オレ様」的な言動は
今回初めて聞いたわけではない。

やっぱり時々
こういったところで
「やっぱりまだ若いんだなぁ。。。」
と思わせる。 ←スコット君には寛容

そして、
こういうとき
ファンでありながら
「そうだ!そうだ!スコット君が正しい!!」
と100%スコットサイドに立てず、

「スコット、、、おまえそれは良くありませんよ」

と、おっかさん的な思考を抱いてしまう自分に
彼との年齢差を感じぜずにはいられない。

人を指導するって
ただ技術を持っていればできることじゃなくて
一つ一つ、
口から出る言葉にも気をつけないと
信用まで失いかねないほど
難しい仕事なんだよね。

あ、そうそうもう一つ

あぁ、神様
お許しください。

ちょっとばかりの疑念を抱きながらも
やっぱり
スコット君が私の真横に立った時、
彫刻のように堀の深い顔に見とれ、
逞しい体に見とれ、
人妻の身分でありながら
ムラっときてしまった私を
お許しください。

あ~あ
横にいた時、突然気を失った振りして
倒れこんじゃえばよかったなぁ。。。

あ、また邪念が、、、

神様、

お許しください。

お許しください。


↓いつかスコット君の写真をUPできることを願ってポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2010.11.30 Tue l 趣味 l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。