FC2ブログ
いつまでも
ミーナのことで
悩んだりイライラしていても埒があかないので、
行動に出た。

タイムテーブル
08012012488.jpg

前の記事でいただいた
皆様からのコメントを参考に、
この
ブランクのタイムテーブルをつくり、
ミーナと相談しながら
埋めていく事にした。

もちろん、
ミーナに全部考えさせると
全部、遊びとゲームになってしまうので、

やらなきゃいけないことリストは私が作った。

朝食、昼食、夕食、
宿題、
遊び、ゲーム
お風呂、
片付け

これらの項目を
このタイムテーブルの中に
二人で相談しながら
書き込んでいく。

そして
こうなった。

08012012489.jpg

最初は面倒くさそうにしていたミーナだが、
やり始めると結構楽しくなってきたみたいで
一生懸命考えていた。

でも、
「ここにもう一つ線を引いて
 この時間からこの時間まではもう一度ゲームでいいでしょ?」

「だめ!ゲームは一箇所」

「じゃ、宿題をここでやるから、このあとゲームでもいい?」

「そんなことしたら、宿題が適当になっちゃうからだめ!」

必死に交渉手段にでるミーナに
旦那が横で笑っていた。

でも、
出来上がったタイムテーブルに、ミーナも満足そう。

「これは、ミーナちゃんが自分で決めた事なんだからね!
 決めた事はきちんとやるんだよ!」

かなり強く念を押した。

でも、
きっとこういうのって
作った直後は嬉しくて
その通りにしても、
2,3日経つと忘れちゃって元通りになるのかも。。。
そして、また私のイライラ?

せめてあと2週間のスクールホリデー、
穏便に過ごしたい。

というわけで

こんなものも作ってみた。

08012012491.jpg

タイムテーブル通りにすごし、
下に書いた
宿題をきちんとやったら
シールを1枚貼る。

そしてシール1枚で1ドル稼ぐことができる。

日本語補習校が始まるまであと12日あるので、
全部たまれば最後に12ドルもらえるのだが、
タイムテーブル通りにしなかったり、
リサや友達と喧嘩したり、
私や旦那に口答えや悪態をついたら
シールをはがす。

これには
ミーナもかなりエキサイトしたようで、

今日は
このタイムテーブル通り、
きちんと
食事をして、
宿題をして
お風呂に入り、
部屋の片づけをして
ベッドに入った。

そして
お得意の文句は一言も出なかった!

そして、
寝る前に一言、

「今日はマミーが怒らなかったから
 ミーナちゃんはすごくハッピーだったよ。」

と私に言ってきた。

お金でつるのもどうかな?と思ったし、
まして
12ドルは多すぎる気もしたのだが、
こうして
お互いがハッピーでいることのほうが
今の私達には重要だ。

夕食から寝る時間までは
いつも
魔の時間帯だったのに、
今日は久しぶりに
笑いながら過ごせた。

本当に何日ぶりだろう。

その代わり
リサには怒る事が多かったのだが。。。

とりあえずは
好調な出足に満足。

それにしても、

やっぱりブログを辞めないでよかった。

ミーナのことは
精神的にかなり参っていて
ここに書く気にもならなかった。
というか、
あまりにも
心がモヤモヤ、ドロドロしすぎていて
文字に表す事ができなかった。
でも、
思い切って心のうちをぶちまけてみれば
こうして
助けてくれる人たちがいた。

コメントを下さった皆さん、
私とミーナを助けてくださって
本当にありがとう。
コメントがなかったら、
こんなこと思いつかなかったし、
きっと
今日もまた修羅場だったかも。

そろそろ「責任」ということを学ぶ年頃になったミーナ。
私も
ミーナの成長にほんのちょっぴり
追いついたかな?


↓前進あるのみ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ




2012.01.08 Sun l 子供のこと l コメント (8) トラックバック (0) l top
最近のミーナ。

ご飯が出来たよ、と呼ぶと
「ちょっと、まだ。これ見終わってから。」
とテレビから離れない。

宿題やろ、と言うと
「え~、やりたくない~」
それでも
強引にやらせると、

「ここまでやればいいでしょ?  
 これはやりたくないの。
 本当は宿題やりたくないのに・・・ブツブツ」

お風呂入ろう、と言うと
「まだ、入りたくないの。
 ベッドに行く直前がいいの」

そして、
お風呂に入ると
「お風呂から出た後、さっきのテレビの続き見ていいでしょ」

もうベッドに行く時間よ、と言うと
「今、絵を書いているのに。
 ベッドの中じゃ暗くてかけないから
 ここで書きたい!」

そして
リサとの絶え間ない喧嘩。

何にでも不満を訴えるミーナは
その性格のため
せっかくの友達と遊んでいても
すぐ喧嘩になり、
結局
遊んでくれる友達が
ほとんどいなくなった。

買い物していても
「まだ、帰らないの?」
「疲れた~」

と文句たらたら。

2日前なんかも
せっかくミーナの好きなスケートに連れて行ったのに、
たまたまスケート場にあったUFOキャッチャーのゲーム、
ミーナがトライしたものの
欲しいものが取れなかった。
とたんに
超不機嫌になり、
ベソかきはじめる。

ゲームじゃなくてスケートに来たんだから!
とミーナの手をひき
リンクにもどるが
不機嫌は治らず
おまけにしりもちをついて
お尻がぬれてしまったので
ギャン泣き。。。

結局帰ることになった。

そんなのほんの一例。

何をしていても、
楽しむよりも
楽しくない事を見つけ出し、
それに対して
文句ばかり言う。

超ネガティブ人間。。。

スクールホリデー中で
そんなミーナに毎日、毎日この1ヶ月付き合ってたら
こっちが鬱になりそうだ。

まして
最近は旦那が忙しく
夜もほとんどいないため
1人でそれに付き合わなければならない。

怒っちゃいけない!
ミーナの気持ちを受け入れて!
とは
思うものの
毎日、毎日文句ばかりタラタラ言われていたら
そんな
なまっちょろい事言ってられない。

こちらが、何を言っても
何をしても変わらないミーナに
だんだん
こちらもきつくなってしまう。

もう、あなたのお母さん辞めていなくなるから!!

と脅しの手段に出て
ミーナを泣かす。

きっと
私の何かが間違っているんだと思う。

もともと
気難しいところのあるミーナが
年齢と共に、ますます頑なになり、
それに対して
私が
上手く対処していないんだということは
分かっている。

でも、
どうしたらいいのか
まったく分からない。

気分転換に何処かでかけても
何かしら文句の種を見つけては
ブツブツ言い始める。

だったら
家にいて好きなことを、
と思っても
やっぱり
文句の種をどこからか見つけてきて
またブツブツ。

いい加減
気が狂いそうだ。。。

あなたがそんなにママに嫌な事ばかりするなら
私はもういなくなるから!

と今日も怒鳴ってしまったが、

本当のところ

ほんとに
どっかに行ってしまいたい。

優しく諭しても
泣いて怒鳴り散らしても
何も変わらない現状。

いったいいつまで続くのやら・・・

何かいい方法が見つかればいいんだけど。


↓ミーナの笑顔をたくさん見たいのに。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
2012.01.06 Fri l 子供のこと l コメント (18) トラックバック (0) l top
昨日の夜のこと。

ミーナとリサが
珍しく二人で仲良く
コンピューターのゲームで遊んでいた。

だいたい
そういう時は
ミーナがゲームをして
リサが見ているという状態が多いのだが、
昨日もそうだったみたいで、
ミーナが
何かゲームで失敗をしたらしく、

「Oh~,I’m stupid!!!」(あ~、私ってバカ~!)

とミーナが叫んでいた。

するとリサがすかさず

「No,you are not!」(そんなことないよ!)

とミーナに言ってあげているではないか。

なんか、
リサもやさしい女の子に成長したものだと
感心をしていると、
リサはさらに続けた。

「No,you are not stupid.
 
 You are VERY VERY STUPID!!!」

(バカじゃないよ

 すごく、すごくバカなのよ!!!)


一瞬あ然としたが、
思わず
笑い転げてしまった。

4歳の子供が
こんな受け答えが出来るとは
思ってもいなかったので
不意をつかれて
なおさら
可笑しい。

「あ~ん、リサにバカって言われた~!!!」

とミーナは喚いていた。
一応
「そんなこと言っちゃダメでしょ!リサ」
と注意はしたものの、
笑いが止まらないので、
説得力がない。

ごめんねミーナ。

今回は
リサがウワテだったよ・・・。


↓幼い姉妹のやり取りは面白い。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
2011.12.14 Wed l 子供のこと l コメント (10) トラックバック (0) l top
オーストラリアは夏真っ盛り。

のはずだが、
なぜか最近
雨ばかり降っていて肌寒い。

とりあえず
これから真っ盛りになる事を見込み、
また、
ミーナの夏休みも始まったということで、

これを買った。

Sun Shelter

P1060025.jpg

ビーチなど
日陰がない所では、
こういうものが大活躍。

日焼けをしたくない理由で
いつもビーチに行くのを嫌がっていた私だが、
これさえあれば
いつでもビーチに行き、
好きなだけ子供達を遊ばせられる。
もちろん
これは
小さく折りたためるので、
車のトランクに常備できる。

こうやって
家の中で広げると
子供達は大喜び!

「キャンプだ~!!」

いや、あの
キャンプのテントとは違うんだけど・・・

そして、
いつの間にか
子供達はこの中で寝ることが決定し、
いつの間にか
旦那が
予備のマットレスを敷いていた。

子供達は
枕や毛布、
ぬいぐるみや寝る前に読む本。
オモチャのキッチンと
オモチャの食料まで用意して
準備万端。

お風呂に入って、歯を磨き、
待ちに待った
ベッドタイム。

ベッドタイムにこれほど子供達が
エキサイトしたのは
初めてのことだ。

P1060027.jpg

当然
エキサイトした子供達は
すぐに寝るわけもなく、
1時間ほど
二人でギャーギャ騒ぎ、

「静かにしないと、キャンプやめてベッドにもどすよ!」

という私の脅しで
ようやく
落ち着きを取り戻し

なんとか
就寝。

P1060029.jpg

こんな何気ないことが
子供にとっては
めちゃくちゃ楽しい事なんだろうな。。。

そういえば
私も小さい頃
机の下に入り、
ダンボールなどで入り口をつくり
「秘密基地!」
なんて言って遊んでいたっけ。

私もいっしょにこのテントの中で
寝たい衝動に駆られた。


↓子供達がこれに味をしめ、将来テント生活者になりませんように・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


2011.12.10 Sat l 子供のこと l コメント (4) トラックバック (0) l top
半年前からミーナはダンスを習っている。

バレエをずっと前からやりたがっていたので、
半年前に、
バレエの無料体験クラスに入れたら、

そこは、
ジャズダンスとタップダンスのクラスだった。

結構おもしろかったので、
そのまま続けた
という
いきさつがあるのだが、

今日はその
ダンスの発表会の日。

何日も前から、
ミーナは楽しみにしていて、
昨夜も興奮のあまり
夜遅くまでなかなか寝付けなかった。

今日は、なんだか
私まで少し緊張気味。

準備のため、
開演より30分早く行き、
控え室で、
衣装に着替える。

衣装は当日、会場で渡されるので、
私はどんな衣装なのか
知らなかった。

ジャズダンスとタップダンスの2種類の衣装が
控え室に用意されていた。

タップダンスが先なので
その衣装を着るのを手伝う。

う~ん、、、

P1050988.jpg

かわいいのか、
なんなのか、
ちょっと微妙。。。

アジア人には決して着こなせないアイテムだ。

ミーナを控え室に残し、
私は
会場に向かい、席を確保する。

旦那の両親や義兄も来てくれることになっていた。

会場で合流し、
いよいよ開演。

ミーナのタップダンスは8番目。

ティーンエイジャーから4,5歳のTinyTotsまで
いろいろあるが、

さすが、
ティーンエイジャーの子達のダンスは
見ごたえがある。

P1050992.jpg

このくらいの歳になると
レベルの差がはっきり分かれるが、
上手な子は本当に綺麗。
思わず見とれてしまう。

また
4,5歳の小さい子達の演技は、本当に可愛らしくて
会場中、笑いと割れんばかりの拍手。

そして
あっという間に8番目、
ミーナたちのタップダンスの番。

きたきた

P1050998.jpg


あらよっと

P1050993.jpg


きまった!
P1060001.jpg


親の私が言うのもなんだが、
ミーナは、
何かを教えられると、きちんとこなす。
見本に忠実なので、
1年生のわりには、字も綺麗。
ダンスも
先生に言われたとおりのきちっとした動きで
すごく綺麗にまとまっていた。
でも、
始終笑顔で踊っている姿が
何より嬉しい。

感動

さて、

タップダンスが終わると
次は19番目にミーナのジャズダンスがある。

別の衣装に着替えなければいけないが、
ミーナは大丈夫だろうか。。。

心配になったので、
控え室のほうまでひとっ走り行ってみたが、
控え室への入り口のドアのカギがかかっていて
外から入れないようになっていた。

まぁ、
先生もいるし大丈夫だろう。。。

そう思い席に戻る。

ちょっぴり不安もあるが、
どんな衣装でミーナが出てくるのか
楽しみでもあった。

いよいよ19番目、
ミーナのジャズダンス。

おー、きたきた

P1060008.jpg

こんな衣装なんだ・・・

P1060003.jpg

なんか、

どうしても、、、、


これを思い浮かべてしまう。。。


imagesCAC2ZIYY.jpg


ちょっとセクシーな食いだおれ

P1060006.jpg


P1060007.jpg


衣装はともかく、
タップダンスに引き続き、
ジャズダンスも本当に上手に踊れていた。

初めてダンスのクラスに連れて行ったときは
大丈夫か?
と心配になるほどだったが、
なんの、なんの。

これほど踊れれば上出来だ!!

今までの習い事(水泳やテコンドー)の中で
ダンスが一番楽しいらしい。

楽しいが一番!

ずっとずっと続けていってほしい。

そして
フィナーレは
生徒全員が舞台に立つ。

P1060013.jpg


P1060010.jpg


1時間半、あっという間。
すごく楽しかった。

私は小学校2年生くらいの時
少しだけバレエを習っていて、
発表会に出たことがある。

出たときのことはほとんど覚えていないが、
あの時の会場で私を見守る母は
今の私と同じ気持ちだったんだろうなぁと
いつの間にか
子供から親へと立場が変わっていた自分と
その時間の流れが
不思議な感覚だった。

それにしても、

普段
暗い顔して文句ばかり言うミーナだが、
舞台の上であれほどの笑顔を振りまきながら
踊れるとは思ってもいなかった。
いつになく、
堂々としていて、
体は一番小さいのに、すごく見栄えがした。 ←親バカ?

ミーナは大勢の人に見られるのが
好きなのかもしれない。

ってことは、
将来は
やっぱり女優かモデルか?

つい
ミーナに豪邸を建ててもらう老後を
思い浮かべてしまった。。。

ところで
最近出番の少ないリサ

罪滅ぼし的に
写真を撮ろうとしたが

P1050990.jpg

嫌がられてしまった。


↓ミーナ、おつかれさん!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
2011.11.24 Thu l 子供のこと l コメント (14) トラックバック (0) l top